将来住むならここ!【仙台編】

 

 

宮城県仙台市:

 

仙台には出張で数回訪れることがあり、もともと好きな町でした。

 

知り合いが宮城におり(仙台ではない)、約1週間遊びに行ったことがあります。

 

遊びに行っている間、ひとりで過ごす時間があり、仙台まで一人で訪れました。

 

都会すぎず、でも田舎すぎず、電車も多くあり、住みやすそうです。

 

あまり都会すぎると(東京とか)なにかと物騒ですし、私は田舎出身なので、仙台がちょうどいいなと感じました。

 

ちなみに、私は出身県から離れたことがないので、もし県外へ出ることがあれば仙台で暮らしたいです。

 

宮城県仙台市:

 

「地方都市だが交通の便が良く、移動しやすい。

 

杜の都と言われるように緑が多く、学都と言われるように教育機関も多い。

 

東北だが積雪は少なく、住みやすい。」と、親戚が言っていました。

 

中心部には新築のマンションも多く、知り合いの転勤族も物件が探しやすく住みやすいと言っていた。

 

海の幸や山の幸が一堂に食べることができ、また周辺には温泉が豊富。週末には近県にも小旅行が出来て、何度行っても飽きない。

 

街全体が落ち着いているのもよい。

 

宮城県仙台市:

 

東北で一番規模の大きい都市部だから。

 

住宅環境が良くて引越しの際には選択肢も多くある。

 

大型ショッピングモールも沢山あり、買い物の際の不便さも無い。

 

外食する時にも大手店舗が数多くあるし、地産地消の店もある。東北の食が集まる。

 

交通システムも整っていて住みやすい。地下鉄、バスが整備されていて自家用車が無くても生活に不自由はしない。

 

(もちろん自家用車があればさらに便利だが。)

 

都心へのアクセスも良くて、仕事、遊びどちらでも躊躇なく気軽に行ける。

 

なによりも雪が少ないのが一番魅力的。