私のちょっとした引越しのコツ

 

 

 

一番は繁忙期を避けること。

 

時期を間違えると通常より倍近くの値段がかかることがあります。

 

何回も引っ越しをしているとだんだん片付けが得意になってきて、日頃からいるもの、いらないものをはっきりと区別しておけるようになってきますので、実際引っ越す際はとても楽です。

 

あとは必ず作業員さんには心付けを渡すようにしています。


 

 

子供が小さな時の引越は、当日何かとバタバタしますので、早め早めに行動すると良いと思います。

 

引越を機会に家の中の不要なものを整理すると、引っ越し後の生活がスッキリとスターとすると思いますよ。


 

 

力仕事で疲れているので、冷たいお茶などを買って渡すと喜ばれるようです。


 

 

見積もりは一社ではなく何社かお願いした方が競い合って安く引っ越しが出来る可能性があるし、見積もりを頼むだけで粗品が貰えたりするのでお得です。


 

 

また、インターネットなどで引越業者の最安値ランキングサイト等がありますが、費用だけでは業者選びを失敗する可能性もあります。

 

信頼できる業者さんは、必要以上に安値を強調しないのではないかと思います。


 

 

細かく段ボールに詰めていたら本当に疲れるので、部屋ごと段ボールに詰めるようにしてとりあえず詰めるをやると楽でした。

 

予め部屋割りの想像をして段ボールに位置を書いてるとその場所に持っていくだけなのでよかった。


 

 

洋服ケースになるべく物をいれると、余計なダンボールを使わずに済むのでゴミが減ります。


 

 

事前にするべきこと、手続き等を紙に書いて1つずつチェックをしていくと、後になってあわてなくてすみます。

 

荷解きは一気にしないと、いつまでも段ボールが片付かない…私だけ?

 

いらないモノ、少しでも使っていないモノはドンドン捨てる。

 

細かいとこまで、はかる。です


 

 

引越し前は、必ず面倒でも新居に持っていかないものは早めに捨てておくことが

 

大事だと思いました。

 

今回は、引越し先が広いけれど、今後増えることを考えかなり処分をしました。

 

新しい生活に向けて、過去の不用品は処分することが気持ちも新たになるし

 

荷造りも楽になるしいいと思いました。